WordPress 4.8.1 メンテナンスリリース(WordPress 4.8.1 Maintenance Release)

WprdPress 4.8バージョンのダウンロードが1300万件を超えたのち、私たちはすぐにメンテナンスリリースであるWordPress 4.8.1バージョンのお知らせができて嬉しいです。

このリリースは29件のメンテナンス修正と改良を含んでおり、主なものはテキストウィジェットの修正とCustom HTMLウィジェットの導入です。全ての変更点については、リリースノート完了したチケット、そして、変更点一覧をご覧ください。

After over 13 million downloads of WordPress 4.8, we are pleased to announce the immediate availability of WordPress 4.8.1, a maintenance release.

This release contains 29 maintenance fixes and enhancements, chief among them are fixes to the rich Text widget and the introduction of the Custom HTML widget. For a full list of changes, consult the release notes, the tickets closed, and the list of changes.

WordPress 4.8.1 Maintenance Release

ニュアンス、、、、、

WordPress 4.7.5セキュリティ・メンテナンスリリース(WordPress 4.7.5 Security and Maintenance Release)

WordPress バージョン4.7.5が利用できるようになりました。これは以前のバージョンすべてに対するセキュリティリリースであり、直ちにあなたのサイトをアップデートすることを強く推奨します。

WordPress 4.7.4とそれ以前のバージョンには次の6点の安全上の問題があります。

  1. HTTPクラス内の不十分なリダイレクト検証(Ronni Skansingによる報告)
  2. XML-RPC APIでカスタムフィールドの値を読み込む処理(Sam Thomas)による報告)
  3. XML-RPC APIでカスタムフィールドのチェック機能が不十分(WordPressセキュリティチームのBen Bidnerによる報告)
  4. ファイルシステムの認証ダイアログに、クロスサイトリクエストフォージェリ(CRSF)の脆弱性が見つかった(Yorick Kosterによる報告)
  5. 容量の非常に大きいファイルをアップロードする際に、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかった(Ronni Skansingによる報告)
  6. カスタマイザーに関連してクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかった(WordPressセキュリティチームのWeston Ruterによる報告)

信頼できる情報開示で、これらの安全上の問題を報告してくれた方々に感謝します。

安全上の問題に加えて、WordPress 4.7.5にはバージョン4.7のシリーズに対する3つのバグフィックスが含まれています。より詳しい情報はリリースノート変更点一覧を参照ください。

WordPress 4.7.5 is now available. This is a security release for all previous versions and we strongly encourage you to update your sites immediately.

WordPress versions 4.7.4 and earlier are affected by six security issues:

  1. Insufficient redirect validation in the HTTP class. Reported by Ronni Skansing.
  2. Improper handling of post meta data values in the XML-RPC API. Reported by Sam Thomas.
  3. Lack of capability checks for post meta data in the XML-RPC API. Reported by Ben Bidner of the WordPress Security Team.
  4. A Cross Site Request Forgery (CRSF)  vulnerability was discovered in the filesystem credentials dialog. Reported by Yorick Koster.
  5. A cross-site scripting (XSS) vulnerability was discovered when attempting to upload very large files. Reported by Ronni Skansing.
  6. A cross-site scripting (XSS) vulnerability was discovered related to the Customizer. Reported by Weston Ruter of the WordPress Security Team.

Thank you to the reporters of these issues for practicing responsible disclosure.

In addition to the security issues above, WordPress 4.7.5 contains 3 maintenance fixes to the 4.7 release series. For more information, see the release notes or consult the list of changes.

専門的なことも訳せるようになるにはもっともっと修行が要るし、理解が必要ですね。。

WP4.7.4メンテナンスリリース(WordPress 4.7.4 Maintenance Release)

WP4.7.4メンテナンスリリースについて、翻訳の練習です。

このリリースは、主に、近く発表されるChomeバージョンとビジュアルエディタの不具合、一貫性のないメディアの取り扱い、REST APIのさらなる改善などの、47件のメンテナンス修正と機能強化を含んでいます。すべての変更点については、リリースノート変更点リストを参照ください。

This release contains 47 maintenance fixes and enhancements, chief among them an incompatibility between the upcoming Chrome version and the visual editor, inconsistencies in media handling, and further improvements to the REST API. For a full list of changes, consult the release notes and the list of changes.